SWEETS BAR STAND ABBEY

福岡市中央区薬院2-4-5
10:00-26:00
水曜日
30席
092-406-2751

★シネマフードシリーズ「ブルーベリーパイ」¥530
映画に登場するメニューを再現するABBEYのシネマフードシリーズ。今回は2007年公開の『マイブルーベリーナイツ』に出てくる『ブルーベリーパイ』♪
ノラ・ジョーンズが演じるエリザベスがカフェで食べてる『ブルーベリーパイ』すごく印象に残るんです。映画もぜひ観てみて下さいね!

アルコールとスイーツのマリアージュが楽しめる、薬院の「SWEETS BAR STAND」。

2015年11月、地下鉄七隈線「薬院大通駅」から程近い場所にオープンした「ABBEY」。そのコンセプトは「SWEETS BAR STAND」。すなわちアルコールとスイーツが一緒に楽しめるお店なのです。10:00のオープンから夕方まではランチやスイーツが中心の営業、夜になるとアルコールメインのバースタイル営業という2つ顔を持ち合わせているのが最大の特長。
オーナーの宮本卓さんは、元々警固四つ角にある屋台「けいじ」のご出身。約10年間のけいじでの勤務を経て独立開業しようとしているタイミングで、かつて六本松にあった人気カフェ「デザートダイナー」のパティシエだったアヤコさんが合流し、この「SWEETS BAR STAND」という形態での出店になったんだそう。なのでスイーツはデザートダイナー時代と変わらない味を楽しめる上、人気の「似顔絵ケーキ」もここでオーダーできます(12cm ¥2,400)。
フードの特長としては、映画に出てくるメニューを再現する「シネマフードシリーズ」というものがあり、中でもは映画「シェフ」に登場する「キューバサンド」はABBEYの看板メニュー。その味は外国人からも「本場の味だ!」と絶賛されるほど。
ビートルズの名作「ABBEY ROAD」から名付けられた店名を表すかのようにBGMにもこだわりがあり、主に60~80年代のロックとソウルを軸にセレクトしているそう。心地よい音楽に酔いしれながら、お酒とスイーツのマリアージュを楽しんでみませんか?

クールとナチュラルさがミックスされたようなカウンター席。脇の壁に描かれた白い羽根の前に座ると、背中から羽根が生えたように見えるんです♪

ドラム缶を活用したスタンドは夜になると立ち飲み的に使えそう。壁面にはフレームが掲げられ、過去の似顔絵ケーキの写真が飾られていました。

グループ客のためにテーブル席も完備されています。飲み放題付きやスイーツ付きのコースメニューは女子会にピッタリ。楽しい夜が過ごせそう♪

入り口そばのショーケースにはおいしそうなスイーツがスタンバイ。空き瓶をプライスカードがわりに使うセンスもさすがです☆ギフトに最適な焼き菓子セットもありますよ。

ハーブやガーリックにじっくり漬け込み焼き上げたローストポークにブレンドチーズと自家製ピクルスをサンドした「キューバサンド」は¥780。18:00まではサラダ付き。

デザートダイナー譲りの定番ケーキ「レアチーズタルト」¥430。夜なるとスパークリングワインやカクテルと一緒にお酒とケーキのマリアージュをお楽しみ頂けます♪

関連記事

  1. Read cafe × LENTE
    • 福岡市中央区薬院2-2-33 OASビル1F
  2. REC COFFEE薬院駅前店
    • 福岡市中央区白金1-1-26
  3. 回 kai
    • 福岡市中央区薬院3-13-20
  4. cafe MARUGO
    • 福岡市中央区薬院2-10-23

What’new!



カフェの求人募集
現在の求人件数
14
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP