公園カフェ Bianco Blanco

福岡市城南区鳥飼6-12-11
12:00-20:00(水・木は22:00まで、状況により早仕舞いあり)
日曜日・月曜日
10席
080-3907-4695

★オーサカタマゴサンド ¥420
まるく焼いたふわとろオムレツのホットケーキサンド。土曜日限定のふわとろオムライスが食べられない日におすすめです!なお、水・木の夜にはプレーンオムレツ等もご提供しております。ぜひ一度ご賞味下さい♪

こだわりをとことん排除した、誰もが気軽に立ち寄れる「公園カフェ」。

近年カフェのニューオープンが続く別府エリアに、またもや新しいカフェが仲間入り。それが2012年11月にオープンした「公園カフェ Bianco Blanco」。城南区役所の北側にある「鳥飼南公園」という名の小さな公園の真横にある、文字通りの「公園カフェ」なのです。
ビアンコ・ブランコとはイタリア語で「白いブランコ」の意味。由来は公園=ブランコという直感と、オーナーのイニシャルと同じ「n」の文字を2つ入れたかったからとの事。さて、この公園カフェには一体どんなこだわりが潜んでいるのかと思いきや「いえ、うちにはこだわりが全くないんです」とはオーナーの則武さん。えっ!?どういう事?「本当にこだわりがないので、実はカフェを名乗る事がおこがましくて...言わば公園の売店ですね(笑)」。その言葉通り、内外装は則武さんご自身が廃材などを利用して手掛けたくらいで、空間づくりにおいてはお金がかかってそうな所は特になし。
されど、こだわりを排除した分しっかり価格に還元。コーヒー¥350、サンド類¥270、看板メニューのホットケーキタワーは3段で¥700という程、とにかく全品リーズナブル!これならご家族でもお財布に優しいし、ついでに公園で遊んで帰れるという特典付き。お酒もあるし、テイクアウトもできるし。本当にいろんなシーンで使えそう。「こだわりがない」と言うからこそ、その利用方法は無限大。このビアンコ・ブランコで、新しいカフェのあり方を発見したような感じです。

どこにでもあるごくごく普通な公園。その脇に伸びる細い路地。ビアンコブランコはこの先にひっそり佇んでいます。この看板を目印にどうぞ。

古い建物をカフェにリフォームした店内。小さなスペースながらカウンター席も完備。キッチンで黙々と作業しているのがオーナーの則武さん。

真横が公園ということは、すなわち窓からの眺めもこんな感じ。天気が良い日なら、テイクアウトして公園で食べるというのもおすすめ。

メニューは壁面の黒板をチェック。ご覧のように全品とってもリーズナブル!「こだわってないからこの価格でできるんです」とは則武さん。

かつて足場板として使われていた杉板に蔦が絡まる天井。このように店内は手作り感満載。コストを抑えつつも味のある空間を演出しています。

人気の「ホットケーキタワー」は¥700。3段重ねのソフト添えから10段重ねのソフト添えまであり。写真は6段重ねのソフト添え¥1,200。

関連記事

  1. MAGNOLIAN CAFE
    • 福岡市城南区別府3-3-1 三勇ビル1F
  2. そふ珈琲
    • 福岡市城南区別府1-3-11
  3. ひるねこ食堂
    • 福岡市城南区友泉亭2-3-1F





カフェの求人募集
現在の求人件数
11
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP