Cafe Pekoe

福岡市早良区原5-3-6
13:30-18:00(土曜日は10:30より営業)
日曜日・月曜日・祝日
8席
070-5489-8333

★イングリッシュブレックファスト ¥850
カフェ・ペコーのイングリッシュブレックファストが毎日楽しめるようになりました。ベイクドビーンズ・かりかりベーコン・目玉焼き・サラダ・薄切りトーストに紅茶が付いて¥850です。
時間も終日オーダーできますので、ランチがわりや遅めのブランチとして、ぜひお楽しみ下さい。

原通り沿いの隠れ家カフェで楽しむ、美味しい「世界のお茶の旅」。

早良区原の「原通り」沿い。イオン原店の道向かいにある在宅医療事務所の一角に、2014年5月にひっそりと産声をあげたのが「カフェ・ペコー」。つい見落としてしまうくらい極めて露出が少ないので、きっと「えっ!あんな場所に」と驚かれる方も多いはず。それくらい「穴場なカフェ」なのです。
この店のオーナーを務める松尾さんは、学生時代より行き始めた喫茶店をきっかけにお茶やコーヒーの魅力にはまり、淹れ方を学んで習得。結婚後は主婦を対象に自宅でお茶の教室を主宰されていたそう。やがてお菓子やフードも教えるようになり、口コミだけでなんと100名もの生徒を抱えるほどに成長。自宅が手狭になったこともあり、このたびお店を開業するに至ったんだとか。
メニュー構成はドリンクと数種類のお菓子のみと至ってシンプル。「世界のお茶の旅」をテーマに掲げ、紅茶はもちろん抹茶、台湾茶、チャイなど世界各地の様々なお茶と、そのお茶と相性の良いお菓子を月替わりで提供しているので、毎月訪れるたびに内容が異なるのが最大の特長。その他、定番メニューではハニー珈琲の豆を使用したプレスコーヒーやイギリス紅茶、台湾阿里山高山茶、ハワイ在住の友人・アーサーさんに教わったというスウェディッシュパンケーキなども楽しめますよ。
たった8席だけの小ぢんまりとした空間ながら、その独特の距離感も魅力。特にお一人様にはちょうど良いサイズのカフェだと思いますよ。あなたもぜひ「世界のお茶の旅」をお楽しみあれ♪

白を基調としたシンプルな内装は西区のショップ「ラントマン」によるもの。クラシカルな足を持つ白木のテーブルは、オーナーの友人によるハンドメイドなんだそうです。

逆側の壁一面は鮮やかなライトグリーン。その傍らにあるフランスアンティークのソーイングボックスの中には、手作り作家さんによる布小物やアクセサリーが販売されていました。

カップボードには1800年代のシルバーのポットをはじめ、ミントン・シノワズリのカップやアンティークのカフェオレボウルなど、実に珍しいアイテムがディスプレイされています。

テーブルの上にはクラフト感たっぷりのメニューブックと、ガラス製の小さなフラワーポット。このセンスと心遣いは女性ならでは。エッフェル塔を象ったスタンドも◎。

名店・ハニー珈琲の豆を使用した「プレスコーヒー」は、たっぷり2杯分でミニチョコまで付いて¥450。イギリス・スポード社のブルーイタリアンシリーズのマグでどうぞ。

「スウェディッシュパンケーキ」¥600。クレープ並みの薄い生地にレモンを搾り、ジャムとヨーグルトクリームでいただきます。イギリス紅茶(¥450)との相性もバツグン。

関連記事

  1. Bean’s Cafe
    • 福岡市早良区西新5-6-6
  2. CAFE M2
    • 福岡市早良区高取1-29-2
  3. お魚ごはん&カフェと料理教室 今橋家
    • 福岡市早良区原3-10-17
  4. BOHO Fresh
    • 福岡市早良区西新4-8-42 西新プレイス2F

カフェの求人募集
現在の求人件数
9
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP