cherir (シェリル)

福岡市中央区大名1-3-5-2F
CAFE 11:00〜18:00 / BAR 18:00〜28:00
月曜日
14席
092-713-4865

★要予約「熟成パウンドケーキ」1本¥3,000
一ヶ月半に渡って毎日ブランデーを塗り重ね、一本一本丁寧にお作りしています。サイズは7cm×16cm。自慢の味をぜひご賞味下さい。ギフトにもおすすめです。

昼はカフェとして、夜はバーとして。かつて警固にあった「ベニールカフェ」の第2章。

かつて中央区警固のけやき通りにあった「ベニールカフェ」。エイジング(熟成)コーヒーが楽しめる「古き良き喫茶店スタイルのカフェ」として人気を博していましたが、2017年8月に惜しまれつつクローズすることに。それから一年の時を経た2018年9月、ベニールカフェのオーナーだった谷村めぐみさん(旧姓・真木さん)は、バーテンダーの旦那さんと二人で「シェリル」というお店をオープンされました。
店名の「シェリル」とはフランス語で「大切にする・愛する」という意味を持ち、ご夫婦で考案したんだそう。11:00〜18:00のカフェタイムはめぐみさんが担当、18:00〜28:00のバータイムは旦那さんが担当するという二毛作スタイルのお店です。
カフェタイムは「熟成」「丁寧に作ったものを丁寧にお出しする」をコンセプトに、ベニールカフェ時代からの看板メニュー・ネルドリップで淹れる「エイジングコーヒー(¥500〜)」を筆頭に、パンやサンドメニュー、ピザなどとことん自家製にこだわったメニューがオーダーでき、バータイムはワインを中心に様々なアルコール類から一品料理までが深夜4時まで楽しめます。また「ベニール工房」と名付けられたパンの製造セクションではテイクアウト販売も行っているとのこと。
連日多くの若者で賑わい、様々な個性派ショップが乱立する「大名」という街で、あえて「熟成」や「丁寧さ」を全面に押し出した営業形態は、きっと若い世代には真新しく映るかもしれません。

場所は様々な個性派ショップが入居するアークキューブビルの2階。外側からは見えづらく、まさに隠れ家といった感じのロケーションなのです。

打ちっ放しのコンクリート壁と一枚板のカウンター、そして大きなガラス窓が印象的な店内。店内はカウンター席のみなので、谷村さんとのトークも楽しめます。

テラス席は8席。愛煙家の方はこちらへどうぞ。とてもとっても開放的で、奥には多くの車が行き交う国体道路が見渡せます。

エイジングコーヒーをネルドリップで一杯一杯丁寧に淹れる谷村さん。一心不乱に抽出するその姿はベニールカフェ時代を思い出させてくれます。

ランチタイムの「BLTサンドセット」はサラダ・スープ・コーヒー付きで¥800。長時間低温発酵で作る自家製パンを使った自慢のサンドイッチです。

同じくランチタイムの「自家製ローストビーフサンドセット」はサラダ・スープ・コーヒー付きで¥900。エイジングコーヒーとの相性もばっちりです。

関連記事

  1. Happy Hill
    • 福岡市中央区大名2-2-47 小野ビル102
  2. CITADEL
    • 福岡市中央区大名1-8-40-2F
  3. manu coffee大名店
    • 福岡市中央区大名1-1-3 石井ビル1F
  4. Le Circ
    • 福岡市中央区大名1-15-11 daimyo11511 1F

What’new!







カフェの求人募集
現在の求人件数
13
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP