Happy Hill

福岡市中央区大名2-2-47 小野ビル102
12:00-24:00
水曜日+不定休
25席
092-791-3299

★今がシーズン!「あまおうのエッグタルト」¥480
糸島産の卵を、キビ砂糖とシナモンでシンプルに練り上げたカスタードを使用。サクサクのタルト生地との相性は抜群です。その時々の季節のフルーツとあわせて提供いたします。ハニー珈琲の豆を使用したスペシャルティコーヒー(¥500)とともにぜひご賞味下さい^_^

こだわりの食材で作る創作料理と、美味しいコーヒーが楽しめるカフェダイニング。

数多くの飲食店がひしめく大名2丁目。中央区役所の南側を大正通り方面に歩いていると、トナカイの頭部を象った、丸い看板が目に入ることでしょう。ここが今回ご紹介する「Happy Hill」です。
幼い頃から食に対する興味を持っていたオーナーの山田さん。大学卒業後はサラリーマンとして勤務していましたが、食への思いは捨てきれず飲食業界に転職。フレンチや和食、居酒屋など様々な店で経験を積み、2014年6月、産まれ育った「福岡」を英語で直訳した「Happy Hill」をオープンされました。
そんな山田さんがこだわるのは、なんといってもその食材。魚は長浜市場直送、米や野菜は伊万里・平戸・津屋崎・糸島産などの生産者の顔が見える、新鮮で安心・安全なものだけを使用しています。
メニューは平戸の猟師が生け捕りしたイノシシで作るカレーや、糸島産の豚肉を100%使用した自家製ソーセージなどの野趣味あふれるものから、パスタやサラダなどの一品料理があり、アルコールもカクテルやワインからレアものまで豊富なラインナップ。14:30までのランチタイムには、日替わり・イノシシカレー(各¥800)・海鮮丼(¥850)の3種類があり、サラダビュッフェ付きでお得。コーヒーや紅茶、手作りスイーツも充実しているので、カフェとしても楽しめますよ。
なお、フォークのドアノブやカウンターの「どこでもドア」、トイレの蛇口がヤカンだったりと、店内には楽しい仕掛けも隠れているので、ぜひお店に行った時にはチェックしてみて下さいね!
※14:30~18:00はカフェ中心のメニュー提供となります。

Hapy Hillの場所は、中央区役所の南側を走る道路沿い。トナカイの頭をモチーフにしたロゴマークが目印です。奥にある入口ドアの取っ手は、なんとフォークなんです♪

細いエントランスとは裏腹に、店内はゆったり&広々。白壁と木のインテリアの組み合わせが実にさわやか。小さなカウンターの向こう側はオープンキッチンになっていました。

荷物置きのバスケットや電源コンセントなど設備面も充実しているので、コワーキングスペースとしても使えそう。絵本完備のソファー席はお子様連れの方におすすめ。

カウンターの片隅にもご注目!どこかで見た事あるこの形…そう、これはドラえもんに登場する「どこでもドア」!このドアを開けると一体どうなるのか…ぜひお店でご確認を。

代表的なジビエ料理のひとつ「イノシシカレー」は¥750。長崎県平戸の猟師さんが仕留めた新鮮なイノシシ肉を使用しています。お昼にはランチメニューとしても楽しめますよ。

100%糸島産の豚肉で作る「自家製手作りソーセージ」は¥880。平戸の釜炊き塩とフレッシュハーブを練り込んだ肉厚のシンプルな逸品です。お酒やコーヒーのお供にどうぞ♪

関連記事

  1. manu coffee大名店
    • 福岡市中央区大名1-1-3 石井ビル1F
  2. Le Circ
    • 福岡市中央区大名1-15-11 daimyo11511 1F
  3. Cafeゆう 福岡天神
    • 福岡市中央区大名1-2-38
  4. CORDUROY cafe
    • 福岡市中央区大名1-15-35 247ビル4F-A

What’new!




カフェの求人募集
現在の求人件数
11
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP