JOY TRIP CAFE

福岡市中央区警固1-4-22-2F
11:00-21:30OS
水曜日
28席
092-712-8335

★冬メニュー「手ごね煮込みハンバーグ」¥900
JOY TRIP CAFEと言えば、手ごねハンバーグ!!寒いこの冬のおすすめは、グツグツあつあつの「手ごね煮込みハンバーグ」です☆
自家製のデミグラスソースがハンバーグとよく絡んで、とってもジューシー♪ぜひお試しあれ♪

カフェテコの跡地に誕生した食堂カフェで、旅をするように人生を楽しもう。

福岡屈指の人気店としてその名を轟かせていた「カフェテコ」。2015年1月に惜しまれつつもクローズしましたが、その跡地に同年4月にオープンしたのが、こちらの「ジョイトリップ・カフェ」。
オーナーは渡辺さんと熊添さんのお二人。渡辺さんは看護師を経て、熊添さんは調理師専門学校を経てそれぞれ飲食の道に進み、偶然同じカフェで働くスタッフとして知り合ったそう。当初は別々にカフェを開業するつもりでしたが、やがて意気投合し一緒に店をはじめることに。二人にとって理想のカフェはカフェテコ。お客さんとして足繁く通いながら開業プランを練り続けていたところ、カフェテコのテコさんから声をかけていただき、運良く居抜きで入る事になったとか。大好きなお店がクローズすることを知ってショックだったそうですが、自分たちに声をかけてくれたことがとてもうれしかったそう。店名は「旅をするように人生を楽しもう」という意味で、「このカフェで楽しめるきっかけを作って欲しい」という二人の願いが込められているそうです。
お店のコンセプトは「食堂カフェ」。地元産の食材を中心に使用した定食が深夜まで食べられるのが特長。毎日16時までのランチタイムには、手ごねハンバーグや生姜焼きなど常時6種類の定食がオーダーでき、お値段も¥850となかなかのリーズナブルプライス。その他、国産の和紅茶や旬の素材を使った自家製ドリンク、手作りのスイーツをはじめ、夜にはワインから日本酒、果実酒といったアルコールメニューに一品料理まで豊富なメニュー構成。なお15:00までは禁煙なのでご注意を。
このジョイトリップ・カフェで、あなたなりの楽しみ方を探してみて下さいね。

かつてのカフェテコの雰囲気を活かしつつ、所々リニューアルされた店内。深い褐色の味わい深い床板は、カフェテコの13年間の喜怒哀楽の歴史がそのまま染み付いています。

建物の梁や屋根裏が剥き出しになった店内。各テーブルの挿し花は「食卓に花があると暖かい気持ちになれるから」という思いから。ゆったり座れるソファー席もあります。

新調した真っ白なカウンター席はお一人様に最適。オープンキッチンなので、作り手の顔が見えるのもなんだか安心しますよね。お二人の手が空いた時には気軽に話しかけてみて。

入口付近の大きなカップボードには、お店でも使用している渡辺さんお気に入りの窯元さんの作品が展示販売中。今後はこのようなギャラリー的要素を強めていきたいとのこと。

看板メニューの「手ごねハンバーグ和風ソース」は、ご飯・味噌汁・サラダ・小鉢がついて¥900。ランチタイムには+¥150でドリンクが、+¥200でデザートが付きます。

おすすめスイーツは口溶けの良い「生チョコ風ガトーショコラ」¥600。一杯づつハンドドリップで淹れるコーヒーは¥380。オリジナルのロゴ入りマグカップでどうぞ。

関連記事

  1. あだち珈琲 警固店
    • 福岡市中央区警固1-1-10
  2. BAR ROSA ROSA
    • 福岡市中央区警固2-18-5 アバンダント91ビル1F
  3. キラキラカフェとねりこ
    • 福岡市中央区赤坂3-6-37
  4. benir cafe
    • 福岡市中央区警固2-18-13-2F

What’new!



カフェの求人募集
現在の求人件数
14
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP