MAGNOLIAN CAFE

福岡市城南区別府3-3-1 三勇ビル1F
11:30-15:00/18:00-22:00(L.O.)
木曜日/日曜日夜
15席
092-821-5885

地下鉄七隈線が開通して以来、個性的なショップが増えてきた城南区別府エリア。そんな別府のメインストリート・別府橋通り沿いに2015年3月に誕生したのが、こちらの「マグノリアンカフェ」。
オーナーの冷川さんは元々中華ダイニングのご出身。在籍時は主に広告を担当していた事から退職後はご自身で広告会社を起業し、中国・上海のガイドブック制作事業を手掛けていたんだそう。上海でアジアの様々な美食と出会ううち、「日本にまだ知られていないアジアのグルメを広めたい」との思いからカフェの開業を決意。店名の「マグノリアン」も上海市の市花である「白木蓮」に由来するそうです。
メニューは中国・台湾・タイ・シンガポール・ベトナムといったアジアの美食が勢揃い。特に力を入れているのがオリジナルブレンドの八宝茶などの中国茶と、台湾発の「豆乳花」を中心としたアジアンスイーツ。ランチタイムにはフォーや薬膳タイ式チキンカレー、海南チキンライスといった魅力的なメニューが¥750からオーダーでき、ドリンクやデザートのオプションもOK。
また、夜には自慢の紹興酒を飲みながら中華を楽しめるサービスセットも登場します。
木組みの外観はパッと見だとハードルが高そうなイメージですが、普段利用しているのはご近所のミセスや中村大学の学生さんが中心。お茶やスイーツだけでもいいので気軽に立ち寄ってみて下さいとのことでしたよ☆

木組みのファサードを抜けて店内に入ると、まるで高級中華料理店を思わせるブラウンを基調としたシックな佇まい。カウンター席もありますよ。

こちらは向かって右側。実は靴を脱いで奥へと進むと、カウンターの裏側に小さなヒミツの個室があるんです。商談やナイショ話などにご活用あれ。

こちらは別府橋通りに面したウッディなテラス席。ランチタイムに喫煙したい方や、開放感に浸りたいという方におすすめ。天気の良い日が狙い目♪

中国茶の専門店と試飲を繰り返して開発したというオリジナルブレンドの「八宝茶(ハッポウチャ)」は¥500。茶葉は2煎まで楽しめるのでぜひお湯の追加をしてみよう。

アジアンカフェらしく、イチオシのフードは「ももいろ鶏のフォー」¥700。低カロリー&ヘルシーで女性ウケも抜群。この他に「週替わりのフォー」¥750もあります。

中村学園大学の学生と開発したという「豆乳花(トウルーファ)」は¥500。豆乳で作ったプリンの上にきな粉とあんこをトッピングし、黒蜜をかけた台湾の定番スイーツです。

関連記事

  1. 公園カフェ Bianco Blanco
    • 福岡市城南区鳥飼6-12-11
  2. そふ珈琲
    • 福岡市城南区別府1-3-11
  3. ひるねこ食堂
    • 福岡市城南区友泉亭2-3-1F





カフェの求人募集
現在の求人件数
11
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP