Read cafe × LENTE

福岡市中央区薬院2-2-33 OASビル1F
12:00-24:00(日曜は18:00まで)
不定休
24席
092-713-8860

★イチオシ!「タパスの盛り合わせ」¥700
リードカフェ×レンテ自慢のタパスの中から数種類をピックアップし、盛り合わせました。2名様からオーダー可。なお「夜のお1人様セット」なら、タパスの盛り合わせとハーフサイズのメイン料理にドリンクが付いて¥2,000とお得です!

地元出版社「書肆侃侃房」が手掛ける、ブックカフェ&スペインバルレストラン。

地元・福岡の出版社「書肆侃侃房」が手がけるブックカフェとして2010年4月にオープンした「Read cafe」が、オープンから6年を経てリニューアル。博多区住吉にあるスペインバルレストラン「LENTE」とタッグを組み、2016年7月より「Read cafe × LENTE」として生まれ変わりました。
12:00~18:00までは「Read cafe」としてオープン当初からの看板メニュー「Read風ドライカレー」の他、生ハムのバゲットサンドやアロス ポジョといったスペイン料理、本日のステーキなどのランチやカフェメニューが楽しめ、18:00からはスペインバルレストランに早変わり。タパスやアヒージョ、グリルにパエリアといった本格的なスペイン料理とスペイン産のビールやワインを味わえるという、ひとつの空間で2つのスタイルを楽しめるようになりました。
また、店内には書肆侃侃房が発行する本をはじめ、たくさんの書籍が並んでおり、好きな本を読みながら、自分だけの時間をゆっくりと過ごす...というなんともリッチな使い方ができるのも特長。
昼間はランチやコーヒーとともに本を読み耽り、夜は本格的なスペイン料理とお酒に舌鼓を打つ...。あなたなりのスタイルで「Read cafe × LENTE」の空間を楽しんでみて下さいね。

昼間はガラス張りの窓から日差しが差し込む、開放的な店内。高い天井からは淡い光を放つライトが垂れ下がり、モダンでゆるい雰囲気を醸し出しています。

反対側のテーブル席の壁は真っ赤っか!情熱の国・スペインを彷彿とさせてくれます。木枠の飾り棚には、様々なジャンルの本がディスプレイされていました。

くすんだブルーが印象的なカウンター席。その傍らには「書肆侃侃房」の本をはじめ、魅力的な雑誌が完備されています。店内で読むも良し、気に入ったら買うも良し。

美しい黒板のチョーク画は、アーティストのロベルト氏がライブペインティングで描いたもの。チョーク一本でなんと4時間も掛けて描き上げたんだそうです。まさに秀逸!

ランチメニューのひとつ「アロス ポジョ」は¥800。スペインでは定番の鶏肉とお米の煮込み料理。煮込んだ鶏肉や海老に、キッシュ・サラダまでがワンプレートで楽しめます。

夜のメイン料理「イベリコ豚ロースのグリル」は2人前で¥1,500。さらりとした脂身と甘味が特長のイベリコ豚を分厚くカットし、バルサミコソースで頂きます。おすすめの一品!

関連記事

  1. SWEETS BAR STAND ABBEY
    • 福岡市中央区薬院2-4-5
  2. REC COFFEE薬院駅前店
    • 福岡市中央区白金1-1-26
  3. 回 kai
    • 福岡市中央区薬院3-13-20
  4. cafe MARUGO
    • 福岡市中央区薬院2-10-23

What’new!

カフェの求人募集
現在の求人件数
14
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP