Bonds Coffee (ボンズコーヒー)

福岡市中央区梅光園2-24-21
10:00〜18:00
日曜日・祝日
11席
090-2510-2378

★おすすめ「フラワークッキー」1枚¥50
食べられるお花、エディブルフラワーを乗せたシンプルなバタークッキーです。見た目も華やかなので、すでにギフトのお問い合わせ多数!コーヒーのお供にもピッタリですよ。ぜひご賞味下さいませ♪

女性オーナーが切り盛りする、油山観光道路沿いにある小さな自家焙煎コーヒーショップ。

六本松から油山方面に南北に伸びる「油山観光道路」。その「梅光園口バス停」のそば、「かんてんパパ」の隣にあるのが、今回ご紹介する「ボンズコーヒー」。小さな自家焙煎コーヒーショップです。
オーナーを務める深牧友里さんがコーヒーが好きになったきっかけは、お父様が大のコーヒー好きだったからなんだそう。やがてお父様が経営していたご実家のバイクショップが建て替えることになり、そこに隣接する形で2017年6月に「ボンズコーヒー」をオープン。2019年5月には女性らしい可愛らしい雰囲気にリニューアルしました。
半熱風式焙煎機「ディスカバリー」を使って焙煎するコーヒーは、浅煎り・中煎り・深煎りの3種類があり、1杯¥400。オーダーすると丁寧にハンドドリップしてご提供して下さいます。ちなみに雨の日はコーヒー2杯目以降が半額になるサービスもあるとか。そのほかにも2種類のサンドイッチ(¥600〜)や、ケーキ・コーヒーゼリーなどのデザートもあり。
ちなみに店名の「ボンズ」とは「絆・繋がり」を意味する言葉で、「地域の絆をより一層深め、地域に根ざしたアットホームなコーヒーショップであり続けたい」という思いから名付けたんだそう。お客さんも梅光園・六本松・小笹といった近隣からの来客が多いそうで、目指している「地域密着型のコーヒーショップ」としてじわじわと形になってきているようです。
なお、深牧さんは子育てと両立しながらお店を運営しているので、お子さんの都合上、営業時間は多少前後することもあるそう。行かれる際には事前に電話してみて下さいね。

たった11席ながらも、ネイビーと白を基調とした店内は、シンプルで落ち着ける空間。椅子の座面が広く、背もたれの両サイドがカーブしているのは「お客様にゆっくりくつろいで欲しい」という配慮からなんだとか。

天井から垂れ下がるライトにはドライフラワーがあしらわれ、店内をぼんやりと照らしています。リニューアル後はソファー席やひとり席も設けられ、より過ごしやすくなりました。

店内の片隅にある半熱風式焙煎機「ディスカバリー」。この焙煎機を使ってオーナー自らが豆をローストしているそう。コーヒー豆は100g/¥750より販売中です。

コーヒーは浅煎り・中煎り・深煎りの3種類からセレクト。オーダーが入ってから一杯づつ丁寧にドリップして下さいます。女性オーナーらしいカラフルな色合いのドリッパーがなんとも爽やか。

サラダ付きのサンドイッチは写真の「雲仙ハムサンド(¥650)」と「卵とベーコンツナ(¥600)」の2種類。雲仙ハムはとってもジューシーでサンドイッチにも絶妙にマッチしてました。ドリンクセットにすると¥50引きに。

こちらは定番の「ベイクドチーズケーキ(¥350)」。ねっとり濃厚でコーヒーとの相性も抜群です。生クリームとベリージャムも添えられているので味の変化もお楽しみいただけますよ。

関連記事

  1. CAFEおもうこぼす
    • 福岡市中央区梅光園1-1-1
  2. Brisa do
    • 福岡市中央区港3-2-1
  3. 喫茶松榮
    • 福岡市中央区谷1丁目3-13
  4. アトリエ・てらた
    • 福岡市中央区六本松3-5-28





カフェの求人募集
現在の求人件数
12
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP