先日、カフェニュースでもご紹介した、スターバックス日本上陸25周年第2弾として、6月30日(水)より全国で一斉に発売された「47JIMOTO フラペチーノ®」。みなさんはもうお飲みになりましたか?
発売に先立って、福岡・佐賀・山口エリアの試飲会が開催されましたので、スターバックスコーヒージャパン 福岡オフィスさんに潜入取材してきました!

今回の「47JIMOTO フラペチーノ®」は、47都道府県ごとに地域のお客様への感謝と想いを込めて、それぞれの地元のパートナー(従業員)がアイデアを出し合い、「これぞ、わが地元のお客様に届けたい商品」として、それぞれの地域のパートナーから出てきたアイデアを元に商品化。47都道府県ごとにそれぞれの想いが込められています。

地域を象徴する山や川などの雄大な自然に見立てたものや、地域ならではの食文化にインスピレーションを受けたもの、また、地域の特産品に着目したものなど、見た目、味わい、商品名を地域ならではの視点で考え抜いた、こだわりのある個性豊かなラインナップが揃っているのです。

それでは、福岡・佐賀・山口のメニューをご紹介いたします♪

まず、福岡は『福岡八女茶やけんフラペチーノ®』。福岡のスターバックスが九州1号店として出店した後、大分県、熊本県と出店が続いて九州全県に広がり、福岡を起点に多くのエクスペリエンスを届けてきました。今回は『ちかっぱ語り、ばりつながって、ともに広げるばい、福岡やけん!』をテーマに、商品を考案しました。
“ちかっぱ”と“ばり”は、「とても」を意味する方言で、ここには「地元福岡やスターバックスに愛着を持っていただき、お客様と共にこれからの福岡をちかっぱ盛り上げていく」という、未来へのメッセージが込められています。
福岡県は地形を生かした特産品が多数あり、中でも福岡県を代表する特産品のひとつなのが八女茶。その八女茶と無脂肪乳を氷とブレンドしたベースに、ホワイトチョコレート風味のシロップを加え、ホイップクリームにも八女茶パウダーをあしらった一品。無脂肪乳を使用し、すっきりとした味わいと、豊かに香り立つ八女茶を引き立て、お茶が主役のフラペチーノ®に仕上っておりました。

お隣の佐賀県は『佐賀ちかっとカリカリシュガー&チョコレートフラペチーノ®』。南北を穏やかな有明海と絶景の玄界灘に挟まれ、脊振山や広大な佐賀平野を有する佐賀県。「やっぱよかね。”SAGA”ね。」をテーマに、スターバックスならではのワクワク感や楽しい要素を加えながら、実家に帰ってきたような、ほっとできる安心など感じていただけるようなフラペチーノ®を完成させました。
商品はカップ全体で佐賀県を表現しており、チョコレート風味のベースにホワイトチョコレート風味のシロップを合わせ、さらにブラウンシュガーを加えてカリッとした食感が楽しめます。チョコレート風味の茶色のベースに描いた白いラインは、日本遺産にも認定され、砂糖文化を広めた長崎街道シュガーロードをイメージし、トッピングの抹茶パウダーは広大な佐賀平野を表現しているそうですよ。

そして、山口県は『山口かさねちょるごまっちゃフラペチーノ®』。古くから交通の要衡であり本州玄関として時代転換期に重要な舞台となった山口県。名を残した人物が多数存在した土地でもあります。これまでのご愛顧に感謝をし、これからも地域のみなさまに末長く愛され、山口の歴史のように語り継がれていくような存在となりたいという想いから、「あふれちょるフレッシュな力!これからも重ねる歴史(つながり)」をテーマに商品を考案したそうです。
香料・医薬品・灯用としても広く使われた歴史のあるごまに注目し、ごまの豊かな風味と奥深い味わいを歴史に見立て、抹茶パウダーを組み合わせて豊かな自然を表し、歴史と自然が融合した山口県を表現しているとのことでした。

スターバックスが25年の感謝とともに、JIMOTOへの想いをこめたフラペチーノ®。全国のスターバックスで8/3(火)までお楽しみいただけます(但し無くなり次第終了とのこと)。各都道府県のパートナーが地域のお客様を想い、考案したフラペチーノ®を、ぜひお住まいのJIMOTOでお楽しみくださいませ♪

各都道府県の商品詳細はこちら:
https://www.starbucks.co.jp/cafe/jimoto_frappuccino/




カフェの求人募集
現在の求人件数
6
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP