NORYNO

福岡市早良区西新5-8-26 リバーケープビル1F
12:00-24:00(日・祝は22:00まで)
月曜日
22席
092-404-1600

「福岡の西の台所」として連日賑わう西新商店街の一角に、2006年8月に誕生したNORYNO。
ブラウンと白をベースとした落ち着いた色合いの内装と、フランスのカフェで実際に使われていたという味のあるヴィンテージチェアで構成された店内は、商店街の雑踏すら忘れてしまうような心地良さ。
様々な飲食業勤務を経て「カフェ」というスタイルに落ち着いたのは「ひとつの形にとらわれずに色んな表現ができるから」と語るのはオーナーの川崎さん。そんな言葉通り、リストランテを彷彿とさせるような本格的な食事から、こだわりの手作りスウィーツに至るまで、バラエティに富んだメニュー構成で連日お客さんの舌を唸らせています。
PM3:00までのランチタイムには、日替わりプレートなど5種類のランチ(¥950)が楽しめ、その他56種類のフレンチトーストや3種類のパフェなどのスウィーツも充実。夜はカジュアルに楽しめる晩ご飯系メニューから、お酒に良く合うアンティパストやアラカルトまでが豊富に揃います。
文教地区としても名高い西新という場所柄、近所の大学に通う学生はもちろん、お子連れのミセスやサラリーマン、近くにお住まいのシニア層まで幅広い年齢層の方が来店しているそう。オープンから7年目を迎え、ますます西新で生活する人の為の「ホームタウンカフェ」として定着していきそうです。

小ぶりながらも奥行きのある店内は、ブラウンと白の暖かみのあるコーディネート。手前のショーケースには美味しそうな焼き菓子が並びます。

角張ったシンプルなテーブルはアンティークの椅子に合わせてオーダー。壁面に飾られている地図はかつてフランスの学校で使われていたもの。

5席のカウンターはひとりで飲みたい方や、川崎さんご夫妻とおしゃべりしたい方におすすめ。内装とよく調和しているスツールもかわいいです。

木材をメインに構成された店内を照らしているのは、天井から垂れ下がる丸い傘のライト達。ほど良い明るさが上質な雰囲気を演出しています。

ワインはフランスの自然派ワインを中心に川崎さんご自身がセレクト。常時15種類以上をラインナップ。グラス¥500、ボトル¥3,000。

季節の食材をたっぷり使用し生地から作るノリーノ自慢のキッシュ。昼は「プレートランチ」(¥1,050)として、夜はアラカルト(¥650)で。

関連記事

  1. Cafe Pekoe
    • 福岡市早良区原5-3-6
  2. お魚ごはん&カフェと料理教室 今橋家
    • 福岡市早良区原3-10-17
  3. BOHO Fresh
    • 福岡市早良区西新4-8-42 西新プレイス2F
  4. はいから倶楽部
    • 福岡市早良区高取1-1-19 佐藤ビル103号





カフェの求人募集
現在の求人件数
9
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP