2月15日からスターバックス国内全店舗でアイスコーヒー・アイスティーの紙カップ提供がスタート!


アイスコーヒー・アイスティーの紙カップ提供を2月15日からスターバックス国内全店舗*1へ拡大
先行導入店舗での共感の声を後押しに、使い捨てプラスチック削減の取り組みを大きく前進

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、2月15日(月)より国内の全店舗*1で、現在プラスチックカップで提供しているアイスコーヒー、アイスティーを、ホット・アイス兼用のFSC(R)認証紙を用いた新たなペーパーカップと、ストロー不要のリッドで提供を始めることを発表いたします。

これは使い捨てプラスチック削減を目指し、昨年11月より先行して101店舗で実施していた取り組みで、この度一挙に全国の約1600店舗へ拡大させます。
また2021年春には、紙カップで提供する対象のアイスビバレッジを更に追加する予定です。
本取り組みを通し、年間約6,100万杯分*2のプラスチックカップ削減効果を生む見込みです。

*1 一部狭小店舗を除く
*2 2021年春からの切り替え予定商品をベースに、ペーパーカップとストローレスリッドを使用する対象商品の年間提供予測数から算出

関連記事

  1. 事前注文決済サービス「モバイルオーダー&ペイ」が全国直…
  2. ホリデーカレンダーをめくるように、たくさんのワクワクがまだまだ届…
  3. 2020 年11月1日(日)よりスターバックスのホリデーシーズン…
  4. 10/14(水)新発売。秋の味覚を存分に堪能できるフラペチーノ®…




カフェの求人募集
現在の求人件数
9
詳しくはこちら

カフェトラPickUPカフェ

ピックアップニュース

PAGE TOP